ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

Myself

昨夜はすっかり更新するのを忘れていました。ハハハ。今日はちょっと内向的なことを書きます。 日頃、悩み事っていうのは絶えません。今日は何を食べようかなどの小さな悩み事から、これからの人生どう歩んでいくかなど、人は様々なことで日頃悩みます。 (…

大学時代のクリスマスの過ごし方

あっという間に12月です。一気に寒くなり、食いもんが美味しい季節になりました。忘年会シーズン到来で、お酒をたーくさん飲む方もいらっしゃるでしょう。僕は医者から酒をなるべく飲むな、と言われ絶賛、減酒中です。ま、今の時代とてもうるさく言われるよ…

修学旅行の思い出

高校の修学旅行では九州へ行った。僕の通っていた学校はキリスト教関係だったので、長崎へ行くことになり、そこまでの交通手段は飛行機なのだが、静岡空港の飛行機では、我々の生徒数が入る飛行機がないよ、ということだったので、羽田空港の飛行機を利用し…

子どもの心

高校時代、同じ系列の幼稚園が同じ敷地内にあったから、夏休みにその幼稚園で子どものちょっとした面倒を見るというボランティアをやった。今回はその時のちょっとした出来事を書く。 僕は子どもが大好きだ。子どもが好きだという気持ちだけで子どもを育てる…

Music Friends

高校時代は歌いまくっていた。部活、部活、部活。合唱に、軽音。全く性質の違う音楽を同時にやっていたというのは不思議なもので、何より大変だったのは、歌い方を変えることだった。 合唱では軽音っぽく歌っちゃダメだし、軽音では合唱っぽく歌っちゃダメ。…

Wonderful Love

さて、この一週間ブログに恋について書いてきた。そろそろネタが尽きたので止める、というわけではないが、恋のことばかり書いていてはつまらないので、そろそろ他のことも書いていきたい。 そりゃあ恋のことを考えるとキリがない。というか、書き切れない。…

儚き夢

恋についてこれほどまで連日続きでブログに書いたことはない。それほど恋について考えたこともなければ、恋の経験数だって決して多くない。でも、考えてみると案外面白い。書けるだけ書こうーっと。 夢の中で好きな人が出てくるというのはよくあること。それ…

夫婦円満

恋をして、もうその恋が成就すれば付き合い、うまくいけば結婚という形になる。しかし、そこからが大変で夫婦円満で何十年も暮らすのは難しいようだ。 僕のじいちゃんとばあちゃんは今でも仲が良い。一時期、じいちゃんがやけに運動をしていた時期があって、…

モテ期到来物語

自分にもモテ期というのがあって、それは高校一年生の時。自分で自分のモテ期があったことは、自慢話になるかもしれないが、あれは確かにモテ期だったと今にしては思う。 当時、音楽部という合唱を主にやっている部活に所属していて、僕は高校一年のくせに仕…

親友の初恋告白物語

それは高校時代の話。僕の幼馴染でよく遊びに行く親友なのだが、どうもある女の子の前ではたどたどしい。うーん、怪しい。もしかしたら、あいつはこの娘のことが好きなのかもしれない。そんなことを思って、僕はメールで探りを入れた。 「おまえ、あの娘のこ…

古くさい恋の話

人に恋をする。これは大事件だ。それは決して意図しないことだからだ。好きになりたくて好きになったわけではなく、もう「好き」なのだ。まさに大事件。 「好き」という心は、自分とはかけ離れたところに存在する。だから本当にこの人が好きなんだな、と気づ…

もう、恋の歌ばかり。

最近は恋の歌ばかり歌っている。だからもし、今、俺をカラオケやら弾き語りをさせたら恋の歌ばかりしか歌わないぞ、と。 この一ヶ月間ずっとギスギスしていた。前の仕事が合わなさすぎてうまくいかなくて酷く落ち込んでいる中、トドメを刺されるように会社を…

Don McLean「Vincent」

最近はラジオを聴くようにしている。今までは自分の好きな音楽を聴くことが主だったのだが、ラジオを聴くメリットを見直しつつある。 何かしらの作業しながら、ニュースや天気予報、その他面白いトークなど、テレビとは全く違ったメディアであることを認識し…

転宅

年に二度も引越しをするとは思いもしなかった。引越しと言っても、同じアパートの別の部屋に引越すだけだ。 今の部屋は家電家具付きの前の会社の借り上げ社宅。従って、立ち去らなければならない。しかし、引越すお金もなければ、家電家具を買うお金もない。…

My Room

夢ばかりを見続けて、追い求めることを放棄していた。その夢さえも曖昧だった。もう何が夢なのか分からないくらいの年齢になって、金を追い求めるようになってしまった。そんな人生を送りたくないと子供の頃は思っていたけど、それはそれで人生であり、その…

Re BORN

新たな就職先が決まった。こんなに早く決まるとは思ってもなかった。今度の就職活動では自分が興味を持っており、なおかつ今後学んでいきたいと思っていたIT業界に絞って活動していた。職種はSE(システムエンジニア)だ。面接は順調で(有名大学出身という…

すろうらいふすとーりー

あらゆるものをやり直そうと思う。ゲームで言うとリセットみたいなもので、ここからまたスタートに戻ると思って、1からストーリーを始めたいと思う。それが正しいかどうかはともかく。 色々なものを詰め込み過ぎて、溜め込み過ぎて、ついにパンクしちゃった…

こころさがし

最近の楽しみは、スーパーでつまみのお惣菜と300mlの日本酒2本を買って、寝る前に呑むっていうのが楽しみ。好きなラジオや音楽と共に食いもんと酒、そしてネットサーフィンと、寝る前の確かなストレス解消だ。 あんまりこんな生活をしていると太る恐れがある…

さよなら橋のたもとで

思い出を掌に乗せてみた。自分の過去の中にも、ささやかながら様々な出会いがある。その出会いを大切にするかは、これから次第かもしれない。そんな事を思いながら、一枚一枚思い出の写真を見ていた。 実は、10月6日、もうすぐ誕生日を迎える。誕生日という…

声の変化

最近は滅多に歌う事が無いから、よく一人カラオケに行く。そこで、ケータイなんかに自分の声を録音する。「歌が上手くなるコツは?」と聞かれたら、迷わず僕は「自分の声を録音して聴く」って言う。もうこれを7年くらい前からやっていて、まるで写真アルバム…

明日に架かる橋

親からは実家に帰ってくるな、と言う事だそうだ。結局、故郷には帰らず、所沢に引き続き住むことになった。 今住んでいる部屋は借り上げ社宅だし、どちらにせよ出なきゃいけない。家電家具が付いた部屋だから、引っ越し代も掛かる上、家電家具を新しく買わな…

希望の音色

一昨日の夜、所沢駅から新所沢駅まで歩いてみた。新所沢のパルコ内にある本屋に行きたかったからだ。ま、お目当ての本は見つからなかったけど、そこの地下一階にある島村楽器で昔の自分を思い出した。 新所沢までの道中、僕はミュージックプレイヤーの中に入…

夢占い

飲み屋に顔を出して見た。人の言葉が欲しかったからだ。だけど、どれも否定ばかりの言葉しかなかった。それをはっきり言っていただける人がいることは大切かもしれない。だけど、僕の中には響くどころか、もっと傷ついた。自分は自分でいたいのに、いつも否…

風に吹かれて

しまった、と思った時には遅かった。このままじゃ自分の心がもっと崩壊していく、と。常に体調の不調を訴えながら働いている。もちろん全てはストレスに起因するものだ。それもきっと慣れだ、と思いながらここまでやってきた。おかげで強くなるどころか、も…

ひき潮

会社を辞めることになった。 試用期間も終わりに差し掛かる頃で、これからこの職を続けるかどうかとなった時、僕の答えはNoだった、というか会社側から辞めろと言われた。ここまで散々人を使ってきて、「君はいらない」と言われたわけだ。相当なショックだ。…

独り言

空を見ながら、雲を見ながら、明るい気持ちと共に町を走り回っていた少年は、今では空を見る余裕もなく、走り回る元気もない。 どこにいくのだろうという不安と、どこへいったらいいのだろうというプレッシャーが自分の心に突き刺さる。そんな一日を過ごして…

幼い頃に遊んだ生き物達

昔は実家の隣に小さな空き地があって、秋になると赤トンボがパァーッとたくさん飛んでいた。僕は網を持って捕まえに行くのだが、プロは網なんて使わない。むしろ手づかみ。それくらいトンボがいた。捕まえたトンボはカゴに入れて、家に持ち帰ったり、あるい…

風船の命

幼い頃は白い風船が好きだった。街やお店で風船が配られているのを見つけると決まって白い風船を選んだ。もちろん今でも白色は好きだ。純粋なイメージがあるし、何より明るい。幼い頃の自分が何故白色を選んだのかは分からない。 風船というのはなんだか儚い…

爪楊枝

久々のブログ更新です。暫くの間、しかも突如更新しなくなった、というのは大したことではありません。ブログをやっている人ではよくあることなのです。いわばネタ切れですね(笑) いつの間にか8月が過ぎ、9月です。陽も落ちる時間がどんどん早くなってい…

もうひとつの人生

ふと過去を振り返ってみて何かしら懐かしんでいる時、「もしあの時こうしていたら」と考えることがよくありますよね。私もよくあります。ああ、あの時こうしていれば、という後悔ですね。 過去には戻れないのは分かっていますが、人はどうしても後悔をします…