For Your Heart

By ISSING-BLOG

富士急ハイランド

 最近、遊園地には行っていません。まず、有名な遊園地と言ったら誰もが「東京ディズニ―ランド(TDL)」や「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJ)」を思い浮かべるでしょう。

 

 私は小学六年生の修学旅行以来、東京ディズニーランドには行っていません。USJは一回も行ったことがありません。成人になっても行っていません。それは単に興味が湧かないからであり、友達に誘われない限り行こうとは思わないからです。男同士で行っても、自分達でハシャグわけではないし、だとしたら私の唯一の楽しみはアトラクションによって友達がハシャグ姿を見ることでしょう。人の楽しむ姿は誰が見ても楽しいですよね。そうやって楽しみを共有できるから、遊園地は複数人で行った方が楽しいですね。

 

 最後に遊園地に行ったは、高校三年の時のホームルームデーで行った山梨県側の富士山の麓にある「富士急ハイランド(Fuji-Q)」です。実は、私は絶叫系が好きなんです。

 

f:id:issingmusic1006:20160726224303j:image

 

 乗ったのは「ええじゃないか」というローラーコースターです。従来のコースターのループやひねりに加え、座席自体が前後方向に回転する機構を持つ、日本初、世界で2台目の四次元コースターです。総回転数14回というギネス記録を打ち立てました。

 

 スタート時はいきなり後ろ向きです。制御室のスタッフが「ぐるぐる回るけどええかな〜?」と言うと全員で「ええじゃないか〜!!」と叫びます。するとスタッフの手拍子で「ええじゃないかええじゃないか〜♪」と歌いだしスタートします。そして約76mの高さから89度の角度で落下し、ループやひねりのあるコースを走行します。

 

 私は、このアトラクションによって両腕が筋肉痛になりました。なぜかというと、おそらく落下する時に防衛本能が働いて無意識にベルトに力強く掴まったことによるものだと思われます。それくらい「絶叫」でした。

 

 その後行ったのは「戦慄迷宮」というお化け屋敷です。歩行距離約900m、所要時間約60分。病院をテーマにしたお化け屋敷であり、機械による仕掛けよりもアクター(お化け役)の出現が殆どのハイレベルなお化け屋敷として注目されています。

 

 途中で怖くなってしまった場合の為に、館内には幾つかリタイア口も用意されています。特にアクターの脅かし方は徹底しており、入場者の2割はリタイアしてしまうという怖さ。 1グループあたり一度に入場できるのは最高6人までとなっています。

 

 私は友達と3人で入りました。入口は消毒の臭いを再現していました。内容はどのようなものだったかネタバレになるのであまり述べませんないが、とにかく「意外に」怖かった。私は基本お化け屋敷は「単なる演出だろ」としか思わない夢のない性格なので騙された振りもせず怖がりません。だが、このお化け屋敷の場合、ゴール付近で冷や汗を掻いている自分に気付きました。

 

 スタート地点で記念写真を撮る(もちろんそこに特別な演出がある)と「診察券」をもらえます。それを出口付近にある売店のレジに渡すと写真が購入できる。道中、急にアクター(お化け役)が追いかけて来る場所があり、私の後ろにいた友達がそれに驚いて私にぶつかってきました。その衝撃でそこに「診察券」を落としてしまいました。私はその場所に戻り、そして再度アクターは私を驚かしに追いかけてくるのですが、私はそこで立ち止まり「どうでもいいから診察券はどこ!」と冷静に探し始めました。それにアクターは気付いたのか、私を驚かすのをやめて一緒に診察券を探してくれました。さすがアクター、暗闇の中にずっといるので目が暗闇に慣れており、落とした診察券をすぐに見つけてくれました。そしてそれをご丁寧に両手で私に渡してくれたのです。「ありがとうございます!」と私が感謝を述べると、アクターは颯爽と自分の配置に戻りました。ああ、カッコイイ。

 

 それからというもの、何だか気分が舞い上がって楽しくなっちゃって、アクターが驚かしてくる度に「ありがとう!」と言うようになってしまいました。それに対し、アクターは「Yeahー!」と返してくるのです。怖いというより、楽しかったですね。

 

 ちなみに戦慄迷宮の売店では「お守り」を販売しています。これを所持することによって、アクターの脅かしが弱まる効果を持っています。

 

 このアトラクションのアクター(お化け役)は給料が良いにもかかわらず「ここにいると悪寒がする」として退職していく者が後をたたないらしいです。また、旧戦慄迷宮で螺旋階段から白い女の人が来るというスタッフによる報告が多発したためか、営業前に毎日お祓いを行っていると言います。

 

 暇があったら「Fuji-Q」にまた行きたいですね。それよりも"東の富士急、西のナガシマ"と並び称されている「長島スパーランド(NSL)」の方が良いな、と自分も遊園地が好きなんだなと改めて思いました。家族でもできたら誘っていきたいです。そのために、今のうちに色々な遊園地に行くのもありだな、と思います。