For Your Heart

By ISSING-BLOG

MP3プレーヤーIRIVER B100のレビュー

 今日は固いことを書きません。ラフな感じで、マニアックなことを書きます。

 

 皆さんはiPodウォークマンなどのMP3プレーヤーをお使いでしょうか?今はiPhoneスマートフォンがあるのでそんなもの使う必要がありませんよね。でも、時々使っている人を見かけます。スマートフォンのバッテリーや容量を節約するために、音質を追及するためになど、MP3プレーヤーのニーズはまだまだあります。

 

 私はiPhoneを持っていますが、沢山の音楽をそれなりの音質で持ち歩きたいためにiPod Classic 160GBを愛用しています。データ量は圧縮しながらも音質はCDと同等と言われているAppleロスレス形式(ALAC)の録音データを入れています。iPodを買ったのは2013年です。それ以前に持っていたMP3プレーヤーがあります。それがIRIVER(アイリバー)という韓国の老舗メーカーのB100です。

 

f:id:issingmusic1006:20170111234741j:image

 

 2012年に発売されたものです。今やIRIVERハイレゾプレーヤーをはじめとする高級路線へといってしまいましたが、それ以前は格安路線でした。コストパフォーマンスの優れているものが売り出されていました。その最後の製品がこれです。

 

 内蔵容量は8GBで、Micro SDカードは32GBまで対応しています。WMA、MP3以外にもロスレス形式のFLACの音声データにも対応しています。動画も写真もドキュメントも閲覧することができ、FMラジオ、ボイスレコーディングの機能も兼ね備えています。

 

f:id:issingmusic1006:20170111234749j:image

 

 データをドロップ&ドラックするだけで簡単にデータを転送することができるので、使い勝手はとても良いです。

 

 音質は、まず悪くないです。ひと昔のiPodよりも良いです。低音もしっかり再現してくれるし、中高音もしっかり出ます。しかし、少し味付けされている感じがしますね。サラウンド感が妙にあって、音場が狭いんですよね。でも、全く悪くないです。曲によっては音割れしますが、SRSという音響技術も搭載されています。

 

 操作性はあまりよくありませんね。タッチの感度が悪いし、よくフリーズします。多少のバグもあります。価格はとても安いんで、悪い印象は持ちません。むしろ、愛着がわきますね。誰も持っていないんで(笑)

 

 このMP3プレーヤーは一時期水没して使えなくなったんですけど、使えなくなって2年後に電源を付けてみたら、ちゃんと問題なく動作したんです。それから使うようになって、今に至ります。FLAC専用機としてこれからの活躍に期待です。

 

 SDカードはMicro SDHCの32GBまでの対応で、SDXCには対応していないものの、SDXCの64GBをPCのソフトフェアでFT32にフォーマットしてみたら、B100でも使えました。もちろん自己責任ですが。

 

f:id:issingmusic1006:20170111234911j:image

 

 このMP3プレーヤーは上級者向けですね。機械が分からない人はやめた方が良いです。

 

 長年使っていると愛着がわいてきます。たとえ品質が決して高くなくても、使いづらくても、でも、この製品は悪くないです。これからも大切にしていきたいですね。

 

【追記(2017年1月18日)】

 大阪の日本橋で中古のmicro SDXCカード200GBが5980円という破格で売られていたので衝動買いをしてしまいました。自己責任ですが、これをBUFFALO社が提供している「DISK FORMATTRE」というソフトを使ってFT32でフォーマットして、B100に入れてみたらちゃんと認識してくれました!

 

f:id:issingmusic1006:20170118215449j:image