ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

IRIVER B100で曲名がカタカナになってしまう問題の解消法

 2012年にIRIVER社から発売されたMP3プレーヤーB100について、先日お話ししました。今このプレーヤーのユーザーがどれほどいるのかわかりませんが、未だにユーザーがいることは確かでしょう。

 

issing.hatenablog.jp

 

 このプレーヤー、本当にクセが強いやつで、フリーズが時々あってバグが所々にあります。しかし、音質はそれなりに良くて使い勝手が意外に良い。つまり、付き合い方さえ分かれば最高の相棒なんです。

 

 私はB100に音楽データを転送する時、SONYMedia Goという音楽管理ソフトのライブラリーからドラック&ドロップしています。それは普通に出来るのですが、一つだけ問題が…。

 

f:id:issingmusic1006:20170114225904j:image

 

 これはFLACの音声データを転送した時に表れる症状だと思いますが、B100上で再生した時に曲名がカタカナで表示されてしまうんです。

 

f:id:issingmusic1006:20170114230034j:image

 

 プロパティを見ると、ちゃんとタイトルは入力されています。

 

f:id:issingmusic1006:20170114230047j:image

 

 「並び替え」というところを見てみると、ここにカタカナで振り仮名が振ってあることがわかります。どうやらMedia Goが音楽データを分析して、読み仮名順に並び変えるために、タグ情報の中に振り仮名をカタカナで埋め込んでしまう仕様であることが、この問題の原因だと思われます。つまり、ここをデフォルトに戻せば良いのです。

 

f:id:issingmusic1006:20170114230133j:image

 

 「すべてデフォルト」をクリックすればOKです。

 

f:id:issingmusic1006:20170114225918j:image

(※foobar2000の画面)

 

 foobar2000という音楽管理ソフトをお使いであれば、プロパティで『TITLESORT』を削除すればOKです。

 

f:id:issingmusic1006:20170114230308j:image

 

 これで、B100上にコピーします。

 

f:id:issingmusic1006:20170114230313j:image

 

 これでちゃんと曲名が表示されました。

 

 今日はこれだけです。以上、B100ユーザーのためのB100ユーザーによる解説でした。