ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

MP3プレーヤーIRIVER S100とIRIVER B100の比較レビュー

 先日インナーイヤー型イヤホン「PAI-FLAT 3.14」を買いにイヤホン・ヘッドホン専門店のeイヤホン梅田EST店に足を運びました。「PAI-FLAT 3.14」のレビューはちゃんと記事で書きました。インナーイヤ型イヤホンの中では自信を持ってオススメできる物です。

 

issing.hatenablog.jp

 

 その時、偶然中古で発見したのがIRIVER S100 Panorama(8GB)です。

 

f:id:issingmusic1006:20170122231204j:image

 

 販売当初(2010年)の価格は1万5千ぐらいでしたが、現在(2017年)の中古価格で3000円ちょっとでした。多少本体に傷があるというのですが、全く傷がありませんし、付属品も全てありました。S100は、私が持っているB100の前のモデルとなります。B100と機能的にも重複しており、今回はあくまでも比較としてレビューしたいと思います。B100のレビューは以下の記事を見てくださいね。

 

issing.hatenablog.jp

 

 B100と同様、micro SDカードの32GBまで対応し、動画もFMラジオもボイスレコーディング機能も搭載されています。あえて機能的に違うところを言うと、B100にある電卓機能、電子ブック機能、メモ機能がありません。しかし、S100ではFlash Gameやフリーフォントを入れることができます。ひと昔のIRIVER機種は日本語のフォントが中国語っぽい感じであまりよくありません。それをフリーフォントで変えられるのは結構ありがたいです。B100みたいな感度の低いタッチパネルではなく、物理ボタンなので操作性は悪くありません。ちょっとiPod Classicっぽい感じです。バッテリーは音楽再生で約42時間持つので、B100のよりも持ちますね。

 

 動画が見れるとのことですが、動画の対応形式が限られており、説明書通りに設定した形式で再生しようとしても再生できません。うーん、ちょっとここは…。ま、このプレーヤーで動画が見られても画質は全くもってよくありません。動画再生におけるブラックノイズが酷いです。この機能には期待しない方がいいでしょう。動画再生の面ではB100の方が上です。

 

 さて、音質はどうかと言いますと、シャープさや音の解像度はB100の方が上です。それ以外基本的にB100もS100も変わりません。ただ決定的に違うのは、音割れ具合についてです。イコライザーをSRS WOW HDにした時、後継機のB100で音割れしていたのが前機種のS100では音割れしないのです。ですから全体的な音質から見て、S100の方が上です。これは間違いありません。一つ気になったのですが、S100の裏側にB100には無い「ドルビーデジタル」の文字がありました。つまり、ドルビーの音響技術が搭載されているので、そういった点でもS100の方が音響的にも上でしょう。

 

f:id:issingmusic1006:20170122231223j:image

 

 そして、B100で使えた200GBのmicro SDカード(※FT32にフォーマットしなければなりませんが)ですが、ちゃんとS100でも使えました。

 

 やはりB100と同様、細かなバグやフリーズがあります。そういった点から、この機種も機械が苦手な人はやめた方がいいかもしれません。専用ソフトを使わずにファイルをドロップ&ドラックできる点はとても良いですけどね。

 

 なぜか音質的には前機種のS100の方が上です。B100は音割れするので、わざわざB100を購入しなくてもいいでしょう。ですから、今後はS100をメインに使いたいと思います。