ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

静岡に混沌としていたダイエー店舗

 前回は日本初のハンバーガーチェーン店で元ダイエーグループの「ドムドムバーガー」について書きました。名前の由来がダイエーの企業理念「良い品をどんどん安く」の「どんどん」から取ったもの(「どんどん」は商標登録されていたため「ドムドム」となった)だということをお話ししました。

 

 そんな総合スーパー「ダイエー」のことを書いたら、地元にあったダイエーのことを思い出しました。

 

f:id:issingmusic1006:20170130234354j:image

 

f:id:issingmusic1006:20170130234404g:image

 

 今ではライバルであったイオンの子会社となり、2018年に屋号が消滅する(法人は維持される)というダイエー。九州や東海、東北、北海道の全ての店舗と、近畿と首都圏の大型店も「イオン」になりました。現在では近畿と首都圏で食品スーパーに特化して経営していくといいます。

 

 あのダイエーがここまで崩れるとは…と昭和や平成初期を生きた人なら驚きを隠せないでしょう。

 

 私の故郷、静岡にも数年前までダイエーグループの店舗がありました。しかし、今ではマックスバリュー東海(旧ヤオハン)になってしまいました。

 

 私がよく覚えているのはダイエーのディスカウントストア「トポス」です。ライフランド静岡(静岡市駿河区)として、大型店舗がありました。今ではヤマダ電機テックランド静岡になってしまいましたが、未だ建物は健在です。

 

f:id:issingmusic1006:20170130232521j:image

ヤマダ電機テックランド静岡)

 

 そして、旧清水市(現静岡市清水区)には、「セイフー」という名前の総合スーパーと、ディスカウントストア「ハーフ&トップ」が一つの建物の中にありました。この建物は元々ヤオハンデパートの建物で、ボロボロのとても古い建物だったことを覚えています。

 

f:id:issingmusic1006:20170130233830j:image

(セイフー清水店)

 ↓

f:id:issingmusic1006:20170130233722j:image

(解体後はマンションに)

 

 「ヤオハン」というのは、静岡県を中心に店舗を構えていたダイエーやイオンと同じく小売業者です。1997年に経営破綻してイオンに吸収されました。その中の建物をダイエーに投げ売りしたのです。そのため、ヤオハンの建物がダイエーになった経緯があります。

 

f:id:issingmusic1006:20170130232734j:image

ヤオハン

 

 さらに清水の郊外に行くと、ダイエー清水店がありました。つまり、近距離にダイエーグループの店舗が多くあり、店の名前は違えど中身はほぼ同じでした。さらにディスカウントストアという同じ業種の店舗が違う名前で建てられていたので、当時のダイエーの拡大路線が目に見えます。ダイエー清水店は今では「バロー」という岐阜県に本社を構えるスーパーになり、未だに建物は健在です。

 

f:id:issingmusic1006:20170130233631j:image

(バロー清水高橋店)

 

 現在、ダイエー店舗は静岡県内からなくなり、もうダイエーに行くことはないと思いました。しかし、大学への進学で兵庫県西宮市に引っ越した時、そこにダイエーがありました。相変わらずのボロボロの建物であることは変わりません。今ではイオンになってしまいましたが、建物の大きさ的に中途半端で今後の経営がどうなるか気になるところです。

 

 現在では総合スーパーは儲からないようで、イトーヨーカドーとユニーは、大幅に店舗を閉鎖し、コンビニ業の強化をはかっています。イオンは既存の店舗をリニューアルして頑張ろうとしていますが、旧ダイエーの店舗が足を引っ張り中々利益が出せないといいます。

 

 今後どのような展開になるのか楽しみですね。

 

P.S.

なぜか地元静岡県焼津市の駅前にある金券ショップで、ダイエーの商品券が売っていました。ま、イオンと相互利用できるので、問題はないのですが、なぜダイエーの店舗がない静岡で売っているのでしょうか?