ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

ルパン三世(TV 第2シリーズ)の最終回における宮崎駿監督のトリック

 今、映画『ルパン三世 カリオストロの城』のMX4D版が上映されています。この映画は1979年に公開され、宮崎駿監督作品です。ま、言うまでもありませんね。

 

 実はルパン三世の作品で宮崎駿作品は他にもあります。これはルパン三世のファンの間では有名です。

 

 その作品というのが、1977年から1980年に放送された『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の第145話と第155話(最終話)です。当時は「照樹務」名義で脚本・演出を担当したということになっていたので、宮崎駿作品として公表されていませんでした。

 

 宮崎監督は『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の企画を批判し、参加も断わった経緯もあるため、様々な思いがよぎり、自分の名前を使う気持ちになれなかったといいます。 そのため、「宮崎駿」という名前すら出さず、会社のテレコムをもじり、照樹務というペンネームを使うことにしたらしいです。

 

 第155話『さらば愛しきルパンよ』の作品としては、ロボット兵が登場し、ヒロインの声が『カリオストロの城』でクラリス役の声を演じた島本須美であるなど、宮崎の代表作『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の原型となる特色が強いです。ラストについては、『ルパン三世 カリオストロの城』におけるエンディングや、冒頭のカーチェイスを彷彿させるものとなっているため、ジブリファンにも楽しめる内容となっています。

 

 この作品で宮崎監督は自分のテーマを極限まで徹底させました。ロボット兵のラムダのほかに、国家権力側の戦車も出すことで、殺戮とした世の中を表現しています。テーマを追求するため、本当はラムダを100匹出した映画版を作りたかったようです。そしてルパンは、ワルサーも持たず、クルマに乗らないどころか、一般人と一緒に普通の満員電車に乗っています。

 

 それと比較して、人間をマトにすることに躊躇しない偽ルパン。 この偽ルパンは、実は単なるニセモノではなく、宮崎監督にとっては、これまでの人を殺す『ルパン三世 第2シリーズ』そのものだったと言います。 宮崎監督は「今までのルパンは全部偽物だったというようなトッピな話にした」と言っています。

 

 つまり、『さらば愛しきルパンよ』のラストに込められていた意味は、これまでの『ルパン三世 第2シリーズ』の154話分は、全てニセモノで、本当のルパンは初めてここで登場したということだったのです。このとき登場した本物のルパンは、他では二度と見られないほど厳しい表情をしています。これは、クラリスや小山田マキに対する優しい表情と表裏一体です。

 

f:id:issingmusic1006:20170202230559j:plain

 

 つまり、ルパン三世 第2シリーズ』という偽ルパンの物語ではなく、宮崎監督が考える「本物のルパン」なのです。三年間にわたり視聴者を楽しませたルパン三世 第2シリーズ』は実は全てニセモノであった…殺伐とした現代における本当のルパンは、平和を愛し、ワルサーも使わず、人殺しもしない…宮崎駿監督が最後にしかけたルパン三世最大のトリックなのです。