夢旅線夢街行

By ISSING-BLOG 11/1からリニューアル

隣町に『スターバックスコーヒー』がオープンしたことへの嫉妬

 スターバックスコーヒーが利益好調でも債務超過だということがネットニュースで取り上げられていますね。私自身、そんなにスターバックスコーヒー(「スタバ」と省略するのが嫌い)には行きませんが、店舗数も増やして拡大しまくっているから、何も問題はないと思っていましたね。

 

 スターバックスコーヒーってメニューが豊富で、その中で私は冷たいキャラメルマキアートが好きなんですけど、この前シンプルに普通のコーヒーを頼んでみたんですよ。そしたら意外に美味しくて。ああ、これで十分だ(笑)ってなりました。

 

f:id:issingmusic1006:20170211124056j:image

 

 地元の静岡県藤枝市で一昨年オープンして、オープン当時長蛇の列で、その時の売り上げが全国で一番だったとか言われてましたね。如何にあそこが田舎なのが痛いほど伝わってくる出来事でした。

 

藤枝 蓮華寺池公園にスターバックスがオープン! | 静岡クレール

 

 スターバックスコーヒーは近隣の静岡市に沢山あるし、スターバックスコーヒーが藤枝市にオープンしたってことは大して驚きもしなかったですね。だけど、地元の人はスターバックスコーヒーってどこか都会のイメージがするから、「都会のお店が私たちの町にやっと出来た!」みたいな嬉しさがあるんですよね。藤枝市に出来たってこともあって、隣の焼津市民は嫉妬したりなんかして。「どうせうち等はガソリンスタンドに備え付けの『ドトール』しかありませんよ!」って。イオン焼津ショッピングセンター内にあった『イタリアントマト』も潰れちゃいましたしね。

 

 最近の藤枝市は駅の再開発も地方都市としては順調だし、それに比べて焼津市は再開発で失敗しちゃったから廃れてきているんですよ。でも、未だに両市は競い合っている感じがあって、例えば東名高速道路に出来た『大井川焼津藤枝スマートインターチェンジ』って元々『大井川藤枝スマートインターチェンジ』っていう名称だったのに、そこを焼津市が金を出して無理矢理「焼津」の名前も入れたっていう噂もあります。本当かどうかはわかりませんが、本当っぽい感じがしますね。

 

f:id:issingmusic1006:20170211124149j:image

 

 そんな風にして焼津市藤枝市は競い合っているから、スターバックスコーヒーが藤枝市にオープンして、焼津市民は嫉妬しています。でも焼津市にはイオンがあるから、それがあれば生活していける。スターバックスコーヒーなんて必要ない、と強気に思っている感じはありますね。ああ、なんなんだこの田舎の背比べは…。

 

f:id:issingmusic1006:20170211124350j:image

 

 話を戻しますが、スターバックスコーヒーなんて都会には当たり前のようにあります。というか都会じゃなくても、結構郊外にもあります。そんな何処にでもあるようなお店で大騒ぎしないで、もっとその町にしかないお店を大切にしたらどうですか。その町にしかないのですから、スターバックスコーヒーよりもよっぽど価値があると思います。このままだと町の個性が失われてしまうのではないかと思います。