ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

生きる意味 〜出会いと別れ〜

 何故生きてきたのか、これは私にとっての最大のテーマです。では「生きる意味は?」と聞かれたら「育んでいくものだ」と言います。私は23年間生きてこれたけど、たった23年間で生きる意味なんてわかるはずがない、と。これからその答えを「育んでいく」んです。

 

 そして、何故「自分」なのだろうと思います。難しい話ですが、何故自分は自分なのだろう、と。何故自分で自分の顔を直視することができないのだろう。そんな問いが幼少期から私の中にあります。しかし、答えは結局「自分は自分だから」なのです。

 

 生きて何をするか、というのも大切ですけど、その上で何を残していくか、というのも考えていかなければなりません。せっかく産まれてきたのだから、何かのために、誰かのために死にたい。

 

 死は絶対に訪れるものだから、そこから逃れられないわけで、そう思ったら過去を惜しんでられないですよね。

 

 その限られた人生の中での出会いはとても運命的なものであり、出会いを大切にしなければいけない理由は、出会いそのものが意図して起こるものではないからです。出会いは偶然なのです。だから出会いで幸せを感じるわけです。これは奇跡なのです。

 

f:id:issingmusic1006:20170802080425j:image

 

 しかし、時として別れを選ばなければならないことも出てきます。別れを選ぶ時の悲しみをしっかり噛み締めて次のやステップへ旅立つんです。だからその悲しみを大切にしないと。そう思ったら、悲しみは決して悪いことではありませんよね。

 

 最近、私はよく新たな別れと悲しみを味わいます。ですが、それを受け止めて次のステップへいきたいと思っています。それが出会いを大切にする一つの方法です。例え別れて悲しんでも、それは出会った証なのだから、自分の中で刻んでおかないと。

 

 幸せは不幸があって成り立つのですから、ある程度の不幸を味わう必要があります。そう思えば、一つ一つの不幸の意味がわかってくるかもしれませんね。