For Your Heart

By ISSING-BLOG

いじめによる優しさへの変化

 この写真は私が通っていた中学校の近くで撮った夕焼けです。

 

f:id:issingmusic1006:20170807075716j:image

 

 驚かれるかもしれませんが、私は中学時代、バレーボール部でした。吹奏楽部は女子しかいなくて、バスケは苦手だし、卓球部はかっこ悪くて嫌で、ほぼ消去法でバレーボール部に入りました。入っていきなりレギュラーという、一見優秀な感じに見えるかもしれませんが、実際は人数が少ないという理由でのレギュラー入りでした。だから私もメンバーも下手くそ。ボールをパスしたらどこに飛ぶか分からない。“ホームラン”って呼ばれた人もいたぐらいです。

 

 私は背が高いあまり時々間違ってヘディングでボールを受けてしまうことがあったので、“背高ノッポ ルイージ”と呼ばれていました。そんな弱小チームでしたが、なんとか最後の試合では一勝だけしました。それで精一杯で次の試合では余裕で負けました。頑張ったから許してくださーい(泣)

 

 運動神経の悪さをアピールするのも変ですが、運動神経が悪い人って何か、動きが変じゃないですか。私もそうなんです。高校時代球技大会でサッカーをやりまして、そこでヘディングをしている姿を見て、応援していたクラスの女子に「なんだか“つまようじ”みたーい!」って言われましたからね(笑)そこからあだ名が“つまようじ”になってしまいました。ああ、うるさい(笑)

 

 運動神経が悪い人って本当に馬鹿にされるんですよね。私なんて勉強もできなかった人間ですから、なおさら馬鹿にされていました。少年時代はゲームばかりしていたからオタク扱いされたりなんかして。もうね、いじめ。あんたり思い出したくありませんね。

 

 そういうのを味わっていると、自分と同じような人を見つけた時に優しくするもんです。馬鹿にされてきた人生を送ってきたんだから、他の人には優しくしよう、と。

 

 いじめとか誹謗中傷とかありますけど、どうかそれに負けないで、それを他人への優しさに変えていってほしいですね。そうすれば、いじめを受けた自分を肯定できるようになると思います。とても時間が掛かりましたが、自分はそういう風にしていきました。いじめを受ける人ほど優しくなれるんだ、と良い方向にもっていったら、いじめを受けている自分を許せるかもしれません。

 

 もちろん、根本的ないじめの問題は解決していくべきです。