ISSING-BLOG

Welcome to the world of ISSING-BLOG.

Wonderful Love

 さて、この一週間ブログに恋について書いてきた。そろそろネタが尽きたので止める、というわけではないが、恋のことばかり書いていてはつまらないので、そろそろ他のことも書いていきたい。

 

 そりゃあ恋のことを考えるとキリがない。というか、書き切れない。今や色々本やネットに、恋に関することが書かれており、それを全て読もうとすると、恋ほど不規則なものはない、と思う。人それぞれ心が違うのだから「恋の方法」なんていうものは違う。

 

 そもそも楽しいことばかりが恋ではないと思う。苦しいことも多い。むしろ、楽しいことばかりの恋は「おままごと」ではないか、とさえ僕は思う。苦しみの中から楽しいことが生まれるように、恋だって苦しいことがあって楽しいことがある。その全て、つまりは苦しいことも「愛おしい」から恋なのだろう。

 

f:id:issingmusic1006:20171104181615j:image

 

 これは片想いでも、両想いでも、結婚しても、変わらない。苦しいことばかり。それを些細な楽しいことのために、落ち込まないように一生懸命、上を向いて歩いていくって、これは恋というか人生についても言えることだなぁ。

 

 苦しいことのまま枯れることもあれば、苦しみから楽しいことになって成就する恋もある。

 

 でも、人間って苦しいことを経験しなければ成長しない。だから恋をするということは成長するということ、かもしれない。

 

 とりあえずこれが恋についての話の終着点、ということで、音楽でいうアルバムの最後の曲っぽい感じなったら幸いであると思う。ここに記した考えが、今後、どのように変化するかはわからない。それが楽しみで仕方ない。