ISSING-BLOG

毎週日曜と水曜に更新!

Myself

 昨夜はすっかり更新するのを忘れていました。ハハハ。今日はちょっと内向的なことを書きます。

 

 日頃、悩み事っていうのは絶えません。今日は何を食べようかなどの小さな悩み事から、これからの人生どう歩んでいくかなど、人は様々なことで日頃悩みます。

 

f:id:issingmusic1006:20171214212218j:image

(壮大な風景を見ながら悩む方が良いと言います。)

 

 子どもの頃は悩みなんてありませんでした。それは当たり前のことかもしれませんが、それでも何かを境に悩むようになります。

 

 僕が大きく悩むようになったのは中学2年の後半だったと思います。それまでゲームばかりしていた僕の人生は、「オタク」や「ゲームしかあいつは能がない」など、様々な批判を受けるようになったことでがらりと変わりました。ゲームをやらなくなり、いじめを受け、また進学するにあたって学力の問題もありました。

 

 学力の問題は実は大学に入ってもありました。それなりの有名な大学に入ったものの、勉強が嫌いな僕は勉強に追いつけず、ただ自信を失うだけでした。

 

 今思えば、勉強をちゃんとやれば良かったのですが、それ以前に将来何をやりたいかなどの、やりたいことが全くもってありませんでした。しかし、それは今となっては言い訳です。勉強に対してモチベーションもあるとかないとかではなく、できると思って勉強をしておらず、自分には勉強ができないと、勇気すら持てなかったのです。

 

 そして僕はゲームばかりやって何もしてこなかったので、自信など何もありませんでした。唯一頑張ったのは中学の合唱と、高校の部活と生徒会ぐらいでしょうか。

 

 大学の就職活動の時、それが仇となり就職は困難を極めました。 

 

 で、社会人になっても、自信のなさ、学力のなさはネックです。「学歴はあるが、学力がない」ってなもんでしょうか。これを最近やっと自分で認められるようになりました。

 

 自分を認める。これって大事なことなんですよ。

 

 今まで「自分はもっと色々なことができるんだ!」と無理して背伸びしていたのが、最近は「ま、自分はこんなもんだろう」と思うようになりました。諦観というか、今の自分には何も能力がないんだから、出来ることからコツコツ始めて、そこから自信をつけていけばいい、と。

 

 自分の可能性を広げる方法はたくさんあります。僕は、まずは自分の身の丈にあったことから始めたら良いということです。そう思ったら、どこから心がスーッとしました。

 

 もちろん、挑戦的な人もいます。それで自分の可能性を広げる人もいます。僕はそれとは逆なんです。おそらく。

 

 人生には様々なやり方があります。それはまず、自分が自分を認めることから始めたら、何かヒントを得ることができるかもしれません。