時ログ

散文詩を交えた複雑な随筆文、マニアックなガジェット、好きな音楽など、青年文系SEが心の赴くままに描くエッセイブログ。

書評記

感謝で心に春が来る

また満員電車に押し込まれる日常が始まった、とネガティブな発言だが、満員電車も随分と慣れたものだ。満員電車だからこそ、人々は協力し合って電車に乗っている。降りる時に必ず道を開けるし、一人でも多くの人が乗れるように、文句一つも言わずに奥へ奥へ…

考え方の癖を変える ~「認知行動療法」に関する本を購入~

中学時代に、僕の心は濁っていくような感じがした。それは思春期という、子供なのか大人なのか曖昧な時期の中で、僕は人目を気にして、なるべく人に好かれるように生きてきた。その結果、嫌われるのではないかという不安が常に僕の心を追い詰めていた。それ…

トラウマ達へのラベル貼り

何故だか知らないが、学生時代のトラウマがよく夢に出てくることがある。 その一つが、高校時代の体育の授業のこと。体育教師がとても怖かったのだ。その体育教師は僕が卒業した後に、生徒にセクハラをしたとのことで解雇されたと聞いたが、それ以上にとても…