時ログ

散文詩を交えた複雑な随筆文、マニアックなガジェット、好きな音楽など、青年文系SEが心の赴くままに描くエッセイブログ。

そうだ歌、歌おう。

 最近、ギターを弾いて歌うようになった、というのは、ただなんとなく簡単な曲を一定のストロークで弾くだけの、ただ単に楽しんでやっているだけである。そこで気づくのは、やっぱり歌うってとても楽しいな、と思うこと。

 

 独りでの休日に自分は何をしたらいいのだろう。何を楽しみに日々働けばいいのだろう、と思うことが多い。つまり、何のために生きるか、と僕は悩んでいた。いや、そんなこと25歳でわかってたまるか、という意見もあるが、やはり、何に向かって自分は生きていけばいいのかとても悩む。それが例えば恋をしたい、というのであっても自分に何か大きな趣味がなければ何も始まらないと思う、というのは言い訳だろうか。

 

 今日は家で独り好きな歌を歌った。弾けない歌もあるけど、とにかく声高らかに歌った。ご近所迷惑だろうけど。

 

 自分には何もないけど、歌うことができるから、独りでもなんでもそれを続けよう、と思った。そしたら何処か心がスッとした。

 

 実はInstagramのストーリーに、そんな下手くそな歌をアップロードしている。すんごい恥ずかしいけど、それは一つの目標として、少しずつステップアップしていきたいと思う。

 

 実は、高校時代の友人のTTRとの曲を製作中で、なんだか良さげなものができそう。それは上手いことできたらYouTubeに載せてみようかな。そしたら、BAD評価を遠慮なーくつけていってほしい。