たとえば

心の赴くままに描くエッセイブログ。

『ソニックマニア』でソニックに超ハマった

 2017年に発売されたSEGAのゲームソフト『ソニックマニア』をプレイして以来、僕の中でソニックブームが起きた。

 

f:id:issingmusic1006:20200906190835p:plain

 

f:id:issingmusic1006:20190609183954j:plain

 

 ソニックとは、1991年のメガドライブのゲームソフト「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」以来、今でも人気を誇るセガのメインキャラクターである。海外ではNintendoのマリオと並ぶ、いや、それ以上の人気を誇る。

 

 2017年にソニック25周年プロジェクトとしてNintendo SwitchPlayStation 4などで発売された『ソニックマニア』は、メガドライブ時代に発売された過去作のステージをリメイクし、グラフィックもメガドライブと同等のものを現代の技術でリメイクした。さらには、メインプログラマーiOS版『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』を勝手に製作し、そのあまりの完成度の高さになんとSEGAのお墨付きをもらったスーパープログラマーのChristian Whitehead氏を起用するなど、セガソニックチームだけでなく、マジなソニックマニアが開発に携わった。

 


『ソニックマニア』プロモーション映像

 

 やはりソニックと言ったら、画面のスクロールがとにかく速い高速アクション。操作不能になるくらいの高速な画面スクロールの中、プレイヤーはとにかくスティックを倒したままひたすらステージを進みまくる。万が一敵に当たってしまっても、リングを一つでも持っていればミスにならない。

 

 『ソニックマニア』は、SEGAファン、ソニックファン向けにステージに様々な仕掛けが施されており、従来のファンがつい「ニヤリ」としてしまうだろう。つまり、『ソニックマニア』は従来のソニックユーザー向けへのサプライズゲームであったわけだが、意外にこのゲーム、小学生にも人気を博しているという。初めてソニックをプレイする子供たちにも2Dのドットで作られたソニックのゲームを受け入れてくれることに驚きを隠せないが、やはりゲームは3Dグラフィックばかり追い求めればいいということではないということなのだと思う。

 

 発売当時は、ダウンロードコンテンツだった『ソニックマニア』は、追加要素をプラスして『ソニックマニア・プラス』としてもパッケージ版も発売されている。もちろん、ダウンロード版にも追加コンテンツとしてダウンロードすることも可能。

 

www.youtube.com

 

 ちなみに、現代のソニック最新作ゲームとして『ソニックフォース』が発売されている。現代のソニックゲームはどのように進化しているのかというと、相変わらずの高速アクションは変わらず、初心者でもプレイしやすいようにしており、気軽に高速アクションを楽しめる。BGMがとてもゲームへの没入感を高めてくれる。最近、新価格で買いやすくなったので、是非プレイしていただきたい。

 

f:id:issingmusic1006:20200906190625p:plain

 

www.youtube.com

 

 来年はソニック30周年。どんなゲームソフトが出てくるのか待ち遠しい。それまでは、歴代のソニックのゲームソフトを購入してクリアしていこうと思う。